クレジットカードのセキュリティは大丈夫?安全性について

クレジットカードを持つ時、必ず不安になるのがセキュリティ面です。使える金額が数十万の場合、セキュリティを盗まれてしまうと勝手に買い物をされてしまいかねません。

テレビでクレジットカードの情報が漏えいした、などのニュースを見るたびに不安になりますよね。ETCカードも車の中に置きっぱなしだと、盗まれたりなど安全とは言えません。クレジットカードの場合は大丈夫なのでしょうか?

クレジットカードのセキュリティ面について

クレジットカードには、必ずセキュリティコードというものがあります。カード裏面に4ケタの数字が書かれていますが、カード情報があってもこれを打ち込まないとインターネットなどで支払いを済ませることが出来ません。情報が洩れてしまうのは、クレジットカードを使ったからではなく、パソコンのセキュリティが甘かったゆえにコードを盗まれてしまうパターンです。

このセキュリティコードですが、買い物でクレジットカードを使う時もなるべく店員に見られないようにしましょう。すべての店員がそういった目的ではないのは分かりますが、念には念を入れないといけません。

他にも例え親や恋人であっても、セキュリティコードを教えないでください。自分から教えてしまうと、万が一使われてしまった時に補償対象にならない可能性があるからです。家族に渡すカードが必要なのであれば、家族カードを申請しましょう。

家族カードはめちゃくちゃ便利

家族カードは、契約者の家族が利用出来るサービスです。家族カードと言っても、主契約者が家族になるわけではないので、問題ありません。例えば50万の限度額があれば、家族カードの枚数+主契約者のカードで使うようにします。

家族カードが2枚あれば、主契約者と合わせて合計3枚のカードで50万円の限度額を使うということです。脱線しかけましたが、家族カード以外でセキュリティコードを教えるのはリスクが高いことを覚えておきましょう。

フィッシング詐欺にご用心

クレジットカードの不正状況についてはスパイウェアやフィッシングから抜き取られるようです。フィッシングについては、正規メールを装って個人情報やクレジットカードのセキュリティコードなどを持ち主に打ち込ませるものです。

メールの文章のみを見ると、正規メールっぽく見えますがアドレスを見るとめちゃくちゃな羅列のものがほとんどなので、パッと見ただけでフィッシングメールであることが分かります。

基本的にクレジットカードのセキュリティは、インターネット上から漏れることがほとんどです。安全面だけを言えば、インターネットを通じた売買でクレジットカードのセキュリティコードを使わないのが一番なのでしょうが、そうもいきません。なるべくセキュリティをしっかりしている大手で購入することで、ある程度は予防策になるかもしれません。

クレジットカードの安全面を考えるなら、持ち主が気を付けることが一番です。カードの持ち主の中には、絶対にインターネットで使わないと決めている人もいます。インターネット上の店舗もセキュリティはしているとはいえ、確実ではありません。不安な人は実店舗以外で使わないのがいいかもしれませんね。

もしクレジットカードをなくしたら

もし、クレジットカードを失くしてしまった場合は、すぐに連絡をしてカードを止めてもらいましょう。これが遅れてしまうと、既に使われた後の場合があります。もし、使われてしまっていた場合はしっかり話すことで補償されることもあるようです。基本的にクレジットカードには紛失時に使われていた時などのための補償が付帯されているようです。

最近のクレジットカードでこれが付帯されていないのは、まず見かけません。見かけたことはありませんが、もしかしたら有料プランで付帯されている場合もあるかもしれません。補償のことは申し込み前にしっかり確認しておきましょう。

クレジットカードを止めたらETCカードも止まる

クレジットカードと紐づいているクレジットカードを停止するとETCカードも停止されます。高速道路を利用する前に確認しておかないとETCレーンのバーが開かないで、立ち往生する可能性もああるので注意しましょう。クレジットカードをなくしてしまってETCカードが使えない!という方は、新たにETCカード用のクレジットカードを発行するのもありです。

今ではETCカードは年会費無料が当たり前になっています。最新ETCカードおすすめ分析。年会費無料を比較では様々なETCカードが紹介されているのでこれからETCカードを作りたい、作り方を知りたいという方にはおすすめページになっています。