第100回の夏の全国高校野球選手権大会が開幕しました

甲子園

夏の全国高校野球選手権大会が開催されました。今年は100回の記念大会で、今までの中でも最も記念すべき大会です。各地域も2分割で2校出場できる都道府県も増えました。その為、試合数が多くなったことで、例年よりも早い開催になったようです。

今年は特に猛暑や酷暑が続き、危険な暑さと言われています。大会期間中に熱中症などで体調を崩す人がいないことを祈るのみです。こまめな水分補給はもちろんですが、睡眠不足には十分に気を付けたいものです。こまめな休息も必要です。

私は今まで何度も甲子園球場へ足を運びましたが、会場内はすり鉢状になっているのでかなり暑いです。今までもかなり暑い状態でしたが、今年はそれを上回る状況の中での試合はかなり大変です。

選手だけではなく、応援している人たちや観客、それ以外の関係者の皆さんも十分に体調管理には気をつけてほしいものです。今年の猛暑はいつまで続くのかわかりませんが、8月に入ったばかりのために、暑い日はまだまだ続きます。台風が次々とやってきているようですが、大会に影響がなければ良いと思います。

夕立程度ならば、夏特有の天気ですし、一雨降ったほうが涼しくなります。甲子園独特の浜風を感じられると良いと思います。夏の甲子園大会は長いので、いつの間にかそれがあって当たり前の日常になってしまいます。

その為、甲子園大会が終わると、季節も秋を感じるようになり、ダブルで夏の熱気が終わっていく寂しさを感じます。毎年のことですが、夏の猛暑も高校野球があるから乗り越えられているような気がします。

もし、夏の楽しみが何も無かったら、夏はただ暑くて苦しいだけのものになってしまうでしょう。今年はどの高校が優勝するのか今から楽しみです。常連の強豪校だけではなく、初出場の高校や前評判がそれほど高くない高校が優勝したら面白いと思います。

時間とお金があれば、久し振りに甲子園球場にも行ってみたいものです。遠方に住んでいると、なかなか甲子園球場に行くことができないのが残念です。

第100回全国高等学校野球選手権記念大会